よくある質問

Q1顧問契約するメリットは何ですか?
Q2勤怠管理や給与計算をアウトソーシングするメリットは何ですか?
Q3会社の役員をしているが労災に加入できますか?
Q4顧問契約するメリットは何ですか
Q5顧問契約するメリットは何ですか
Q6顧問契約するメリットは何ですか

 

Q1顧問契約するメリットは何ですか?


A1
準備中です。

Q2勤怠管理や給与計算をアウトソーシングするメリットは何ですか?


A2
メリットを次に羅列してみます。
①時間のかかる給与計算事務を大幅に軽減できる。
②給与計算ソフトの新規導入やバージョンアップ費用が不要。
③所得税、保険料率の変更など給与計算に必要な最新法令が入手できる。
④担当者の突然の休暇、退職にも安心。
⑤社内での不必要な情報流出が防止出来る。

Q3会社の役員をしているが労災に加入できますか?


A3
会社の経営者や役員の方が労災保険に加入する制度のことを「特別加入」といいます。
労災保険は、本来従業員の業務上の負傷などによる損害を補償する制度ですが、中小企業の経営者や役員、家族で従業員と同じように仕事している方についても、所定の手続きをすることで労災保険に加入出来ます。
同じく、一人親方の場合も特別加入が出来ます。

Q4就業規則の整備を考えていますが、見積もりは無料でしょうか?
又、正式に依頼した場合の費用はどのくらいですか?


A4
準備中です。

Q5現在、適格退職年金制度に加入していますが、適格退職年金制度が廃止されると聞きましたが、今後どのような対応をしたらよいでしょうか?


A5
平成24年3月末で、適格退職年金制度(適年)の廃止が決定されました。
従って、平成21年3月末までに次のような選択が迫られます。
①国が定める他の制度に移行し、積立金を転換する
②解約し、積立金を各社員に按分して引き渡す(解約返戻金)
「適年」の積立金不足、退職金制度の見直し等、検討事項が多々あります。
詳しくは、お問い合わせ下さい。

Q6人事評価制度、賃金制度の整備を考えていますが、どのような点に注意が必要でしょうか?


A6
経営計画を含めた共通の理念と目標を掲げ、社員がやりがいと働きがいを持って生き生きと働ける職場環境の醸成を目的とした人事評価制度を構築することが重要です。社員の公平な評価を賞与・給与に反映し積極的でチャレンジ意欲の高まる職場を作ることです。
単なる、賃金を低く抑えるための人事評価制度では社員のやる気、働きがいは生まれません。