アウトソーシングで業務の効率化を実現

専門業務を委託することは、社員がわからないことを調べながら前記の業務を行っている時間とその社員の給与を比較した場合、相当のメリットは算出できると思います。  当研究所では、新入社員の採用のお手伝いから、退社後のサポートまで行っています。入社・退社に関する社会保険・労働保険の手続業務をお任せいだくことで、会社は本業に専念できる体制も作れると思います。

社会・労働保険事務手続代行

労働保険、社会保険の加入・脱退をはじめ、被保険者の資格取得・喪失手続を代行するとともに、被保険者の経歴集中管理を行います。また、休業補償、出産育児育児一時金、出産手当金、傷病手当金等の請求手続を遅滞なく行います。

給与計算

少人数の事業所では、コンピュータソフトを使用して計算することには抵抗があるかと思われます。給与計算には間違いがあってはなりませんが、手書きでは意外と信頼性に掛けるようです。当研究所では月々の給料計算から、年末調整まで、業務を一括お受けしております。

高年齢雇用継続給付金の積極活用

60歳到達従業員の継続雇用実現のため、老齢年金・雇用継続給付金・最適給与のシュミレーションを行い、労使共にメリットが得られる賃金の決定のお手伝いを行っています。

適性検査・CUBICを利用しての人材管理

会社の現状を客観的に把握する上で非常に役立つシステムです。
人材の配置は適正だろうか?組織の持つ活力はどのようになっているのか?それを客観的に把握するのに最適な適性検査です。 内部からはなかなか把握しにくい会社の組織風土も、CUBICなら分析できます。
このシステムは、当研究所で検査を代行しますので、中小企業にあっても大手企業並みの適性検査が受けられます。


  • 具体的な活用場面
  • 新規学卒・中途採用の採用試験の一環として(1名様から請け負います)
  • 現有社員の適性検査(配置転換などの参考資料になります。
  • 組織全体の活力をみたいときに(全社員の適性検査が必要です)
  • サンプル様式で1名様に限り無料でお試しいただけます。

1.採用適性検査(個人特性分析・採用専用)
定期・中途にかかわらず採用時に実施することにより、面接時の留意点を確認したり、採用判定の基礎テータとして活用できます。また、採用時の配属先検討資料としても、活用できます。

2.社員の適性検査(個人特性分析・現有社員)
年に1度実施することによって、その人材がどのように成長したか、あるいは今後ど ういう教育が必要か、更にその人物の配属特性分析によって、適材適所かどうか等の判断材料として活用できます。

3.複眼評価観察(複眼評価分析)
ある個人(主に管理職、およびその候補者)に対し、上司、同僚、部下など複数の社 員が行動や能力について多面評価を行うことにより、より客観的な評価結果で、その人物の適正配置や管理能力を分析します。これにより、その個人の自己再認識とこれまで 気づかなかった部分も発見できます。


トラブルは回避すべきで起こってからでは遅すぎます

企業を取り巻く厳しい経営環境下、トラブル件数は増加し、問題も多岐にわたっています。

  • 企業のリストによるトラブル
  • 残業代の未払い問題
  • 労働条件変更を巡るトラブル
  • 懲戒処分や業務命令を巡るトラブル

など企業の生き残りをかけた戦いとは別に、従業員との戦いも避けて通れない状況です。小規模事業にあっては信頼関係で結ばれていたはずの従業員が、労働基準監督署に駆け込むといったトラブルも、大分目につきます。労働季春監督署の相談量も非常に増加しているのが実情です。
労働基準監督署の調査・是正勧告や労使のトラブルは、起こってからでは遅すぎます。事前にトラブルを防ぐ方法はいくらでもあります。
当研究所では、企業で起こりやすいトラブルの原因を事前にチェックし、必要な変更を行い、必要に応じて社員の同意を得るなどトラブルになる前に問題解決の提案も行っています。